日本人が全米オープンで優勝!車いすテニスの国枝慎吾選手

2014年の全米オープンで車いすテニスの国枝慎吾選手がシングルス、ダブルスの両方で優勝し、2冠に輝いた。

テニスの全米オープン車いすの部は7日、ニューヨークでシングルス決勝が行われ、男子の国枝慎吾(ユニクロ)と女子の上地結衣(エイベックス)がアベック優勝し、ともに単複2冠に輝いた。

MSN産経ニュース

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は6日、車いすテニスの男子ダブルス決勝が行われ、第1シードの国枝慎吾(日本)/ S・ウデ(フランス)組が第2シードのG・リード(英国)/ M・シェファーズ(オランダ)組を6-2, 2-6, 7-6 (7-4)のフルセットで下し、優勝を果たした。

テニス365

過去には史上初の車いすテニス男子シングルスのグランドスラム(4大大会制覇)も達成。

国枝 慎吾(くにえだ しんご、1984年2月21日 – )は日本のプロ車いすテニス選手。ユニクロ所属。グランドスラムでシングルス15勝、ダブルス15勝の男子世界歴代最多記録をもつ。パラリンピックでもシングルスで2個・ダブルスで1個の金メダルを獲得している。

国枝慎吾 – Wikipedia

2007年、史上初となる車いすテニス男子シングルスのグランドスラム(4大大会制覇)(全豪オープン、全仏オープン、全英オープン、全米オープン)を達成。国際テニス連盟(ITF)が選出する同年のITF世界チャンピオンに選出された。

国枝慎吾 – Wikipedia

日本人初の車いすテニス選手、2009年8月、ユニクロと所属契約を結ぶ。

2012年ロンドンのパラリンピックで男子シングルスで金メダルを獲得したときの決勝

2014年インターハイでのエキシビジョンマッチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク