ストレスに勝ち、やる気を出す、セロトニンを増やす6つの方法

年の始め、週の始め、一日の始めになんだかやる気が出ない。気分が落ち込む。イライラする。眠れない。セロトニンは脳内物質のドーパミンやノルアドレナリンの働きを適度に保ち、精神のバランスをとってくれるホルモンです。ストレスに強くなり、前向きな気持ちになれるセロトニンを増やす方法をまとめました。

スポンサーリンク

セロトニンを増やす方法

太陽の光を浴びる

太陽

太陽の光を浴びることでセラトニンが分泌され、脳の覚醒が促されます。また、睡眠作用があるメラトニンというホルモンの分泌が抑えられます。

リズミカルな運動をする

自転車

ウォーキングやジョギング、またはスクワットや踏み台昇降運動など、一定のリズムを刻む運動を行うことでセラトニンが分泌されます。リズミカルな運動を5分以上、毎日継続して行うとさらに効果的です。

トリプトファンを含む食品を食べる

セロトニンを作る材料となるのがトリプトファンという物質です。トリプトファンはタンパク質に含まれるので、大豆や肉、赤身魚や牛乳、チーズなどの乳製品をしっかり摂りましょう。

スキンシップをする

恋人

親子や恋人同士でのスキンシップ、友達とのお喋り、マッサージなど、人とのスキンシップ、触れ合いによってセロトニンが活性化されます。人と一緒にいて幸せを感じるのはこのためでしょうか。

首を回す運動をする

セロトニンが作られるのは脳にある「ほうせん核」という場所です。首を回す運動をすることで刺激を与え、セロトニンの分泌が促されます。

号泣する

泣く。しかも自分では止められないほど泣く、つまり号泣するすることによってセロトニンが生成、分泌されると言われています。泣ける映画、泣ける音楽で涙を流せば気分もスッキリしますよね。

スポンサーリンク