ロビン・ウィリアムズが演じた映画の登場人物ランキング、ベスト10

コミカルな演技からシリアスな演技まで、素晴らしい演技で観客を魅了し、数々のヒット作に出演したロビン・ウィリアムズ。70年代からスタンダップ・コメディアンとして舞台に立ち、1978年から1982年にかけて放送されたテレビシリーズ『モーク・アンド・ミンディ』で一躍有名に。1987年製作の『グッドモーニング, ベトナム』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされました。そのロビン・ウィリアムズが演じた映画の登場人物ランキング、ベスト10です。

10位 アーマンド・ゴールドマン、『バードケージ

マイアミのナイトクラブ「バードケージ」のオーナー・アーマンドと、店の花形にしてアーマンドの長年のパートナー、アルバート。アーマンドには、20年前に運命のいたずらで授かった息子ヴァルがおり、アルバートも母親代わりとなって彼を育ててきた。ある日アーマンドは、大学に通うヴァルから同級生バーバラとの婚約を報告される。喜ぶアーマンドだったが、バーバラの父親は不道徳を許さない堅物の政治家というから大変。こんな生活を見られては台無しと、アーマンドたちは普通の家族を演じるべく準備にとりかかる。

バードケージ – Wikipedia

9位 サイ・パリッシュ、『ストーカー

20年以上写真現像の仕事をしているサイは、真面目だが家族が居ない孤独な男だった。そんな彼には常連客のヨーキン一家の写真を自分の部屋に飾り、自身が家族の一員になる妄想をする趣味があった。だが無断で焼き増しをしていたことが上司のビルにばれ、解雇されてしまう。その後サイは、ニーナの夫であるウィルが浮気をしていることを知り愕然とする。

ストーカー – Wikipedia

8位 ウラジミール・イワノフ、『ハドソン河のモスコー

7位 ジーニー、『アラジン

砂漠の王国アグラバーに、貧しくも清らかな心を持った青年アラジンが住んでいた。ある日、王宮を抜け出したジャスミン王女を市場で助けて心を通わせるが、アラジンは捕まえられて牢屋に入れられてしまう。それは王国の支配を企む国務大臣のジャファーが、入る者を厳しく選ぶ魔法の洞窟に選ばれたアラジンに、洞窟の奥にある不思議な魔法のランプを取って来させようとする策略だった。
ジャファーはみすぼらしい老人の姿で牢屋へ現れると、自分のためにランプを取って来るのと引き換えに、アラジンを脱獄させる。魔法の絨毯の協力でランプを手に入れたものの、ジャファーに裏切られたアラジンは洞窟に閉じ込められてしまう。途方に暮れ、自らランプを擦ったアラジンはランプの魔人ジーニーの主人となる。「どんな願いも三つだけ叶えてやる」とジーニーに言われたアラジンは、自由を求める彼に対し「最後の願いで君を自由にする」と約束し、最初の願いとして、法律で王子としか結婚出来ないジャスミンとの恋を叶えようと、アリ・アバブア王子に変身して王宮に向かう。

アラジン – Wikipedia

6位 マルコム・セイヤー、『レナードの朝

1969年、人付き合いが極端に苦手なマルコム・セイヤー医師が、ブロンクスの慢性神経病患者専門の病院に赴任して来る。そもそも研究が専門であり、臨床の経験の全くないセイヤーは、患者との接し方で苦労するが、本来の誠実な人柄で真摯に仕事に取り組む。そんなある日、患者たちに反射神経が残っていることに気付いたセイヤーは、ボールや音楽など様々なものを使った訓練により、患者たちの生気を取り戻すことに成功する。更なる回復を目指し、セイヤーはパーキンソン病の新薬を使うことを考える。まだ公式に認められていない薬ではあるが、最も重症のレナードに対して使うことを上司のカウフマン医師とレナードの唯一の家族である母親に認めてもらう。

レナードの朝 – Wikipedia

5位 ペリー、『フィッシャー・キング

過激で挑発的なトークで人気を博していたDJ・ジャック(ジェフ・ブリッジス)は、あるとき放った不用意な発言によって悲惨な事件を引き起こしてしまう。
3年後、職も名声も失った彼はヒモ同然の身分に落ちぶれている。ある日、浮浪者狩りの若者たちに襲われたジャックは、奇妙な浮浪者パリー(ロビン・ウィリアムズ)に命を救われる。聖杯を探す使命を神から与えられたと語るパリーは、ジャックに手助けを求める。最初は嫌がっていたジャックだったが、パリーの身の上を知るにつれ心境を変化させていく。

フィッシャー・キング – Wikipedia

4位 ダニエル・ヒラード / ミセス・ダウトファイア、『ミセス・ダウト

サンフランシスコのとある街、失業した俳優、ダニエル・ヒラードは、3人の子どもが自分の全てというほどの、子煩悩な父親。しかし収入のない夫に代わって一家の家計を担っているやり手デザイナーの妻ミランダは、自分が連日疲れきって帰宅しても家事に全く協力せず子供達との遊びにかまけている夫や、自分だけが仕事に家事にと追われている事に強いストレスを感じていた。
長男クリスの誕生日、ミランダの留守中に自宅でパーティを開き、大騒ぎを起こしたダニエルは、堪忍袋の緒が切れたミランダからとうとう離婚の意思を告げられる。生活能力のないダニエルは養育権を奪われ、週一度限られた時間にしか子どもたちに会えなくなった。やがてミランダが仕事の忙しさで家政婦を募集していることを知ったダニエルは一計を案じ、メイクアップアーティストの兄の手を借りて、イギリスの老婦人ミセス・ダウトファイアにすっかり変身する。

ミセス・ダウト – Wikipedia

3位 ジョン・キーティング、『いまを生きる

1959年、バーモントの全寮制学院ウェルトン・アカデミーの新学期に、同校のOBという英語教師ジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムズ)が赴任してきた。ノーラン校長(ノーマン・ロイド)の下、厳格な規則に縛られている学生たちに、キーティングは「教科書なんか破り捨てろ」と言い、詩の本当の素晴らしさ、生きることの素晴らしさについて教えようとする。このキーティングの風変わりな授業に、最初はとまどうものの、次第に行動力を刺激され、新鮮な考え、規則や親の期待に縛られない、自由な生き方に目覚めてゆくのだった。

いまを生きる – Wikipedia

2位 エイドリアン・クロンナウア、『グッドモーニング, ベトナム

1965年、アメリカは「反共の南ベトナムへの支援」を名目にベトナムに兵を送り込み続け、戦況は拡大の一途を辿り、サイゴン市内でもベトコンによるテロが頻発するようになっていた。その様な状況下で、軍サイゴン放送局の局長テイラー少将は、兵の士気高揚のため、クレタ島から一人の人気DJを呼び寄せる。空軍のエイドリアン・クロンナウア(ロビン・ウィリアムス)である。

グッドモーニング, ベトナム – Wikipedia

1位 ショーン・マグワイア、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

マサチューセッツ工科大学の数学教授ランボーは学生たちに数学の難問を出す。世界屈指の名門校の学生ですら悪戦苦闘する中、それを簡単に解いたものが現れた。その人物は学生ではなく同大学に勤務するただのアルバイト清掃員ウィルであった。親友と言えるのはチャックだけ。
ランボーはウィルの非凡な才能に眼をつけ彼の才能を開花させようとするが、ウィルはケンカをしては鑑別所入りを繰り返す素行の悪い青年だった。ランボーはウィルを更生させるため様々な心理学者(セラピスト)にウィルを診てもらうが、皆ウィルにいいようにあしらわれサジを投げ出す始末。幼い頃に養父から虐待を受けたのがトラウマになっていたl。
最後の手段として、ランボーは学生時代の友人でコミュニティカレッジ(バンカーヒル・コミュニティ・カレッジ)で心理学を教えているショーンを紹介する。ウィルは最初はショーンをからかっていたものの、ショーンも最愛の妻を亡くしてトラウマを持っていた。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち – Wikipedia

スポンサーリンク
スポンサーリンク