映画史に残る印象的な銃撃シーン、9選

映画で最も魅力的なシーンの一つに銃撃シーンがあります。アクション映画にしてもサスペンス映画にしても必ずと言っていいほど銃撃シーンが出てきます。そして多くは最も盛り上がるシーンとなります。

長い映画史の中で最も印象的な銃撃シーン、9選です。

『上海から来た女』

『上海から来た女』(シャンハイからきたおんな、The Lady from Shanghai)は、1947年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。 シャーウッド・キングの小説を基にオーソン・ウェルズが製作・監督し、ウェルズの妻であったリタ・ヘイワースがウェルズと揃って主演した。米国での劇場公開は1948年、日本での劇場公開は1977年に水野晴郎主宰のインターナショナル・プロモーション(IP)によってなされている。

上海から来た女 – Wikipedia

上海から来た女

ワイルドバンチ

『ワイルドバンチ』(原題: The Wild Bunch) は、1969年製作のアメリカ合衆国の映画。サム・ペキンパー監督による西部劇。時代の波に取り残された無法者たちの滅びの美学を描いた作品であり、西部劇に引導を渡した「最後の西部劇」と呼ばれている。

ワイルドバンチ – Wikipedia

ワイルドバンチ

タクシードライバー

『タクシードライバー』(原題: Taxi Driver)は、1976年公開のアメリカ映画。制作会社はコロムビア映画。監督はマーティン・スコセッシ。脚本はポール・シュレイダー。主演はロバート・デ・ニーロ。

タクシードライバー – Wikipedia

タクシードライバー

ターミネーター

『ターミネーター』(原題: The Terminator)は、1984年のアメリカ合衆国とイギリスの合作映画。ターミネーターシリーズの第一作である。

オライオン・ピクチャーズ/ワーナー・ブラザース配給。
本作のヒットを受け、1991年に『ターミネーター2』、2003年に『ターミネーター3』、2009年に『ターミネーター4』が製作される。 また、直接的な繋がりはないが、2015年に本作のリブートとなる『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が製作された。

ターミネーター – Wikipedia

ターミネーター

アンタッチャブル

『アンタッチャブル』(The Untouchables)は、1987年のアメリカ映画。禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとするアメリカ財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた実録映画。捜査チームの主任捜査官だったエリオット・ネス の自伝を基にしている。

アンタッチャブル – Wikipedia

アンタッチャブル

狼/男たちの挽歌・最終章

狼/男たちの挽歌・最終章

ニキータ

『ニキータ』(Nikita)は、1990年のフランス映画。監督はリュック・ベッソン。主演のアンヌ・パリローが、政府に隷属的に雇われる暗殺者を演じた。

ニキータ – Wikipedia

ニキータ

ヒート

『ヒート』(英題: Heat)は、1995年にアメリカで製作されたアクション映画。マイケル・マン監督。アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ主演。

ヒート – Wikipedia

ヒート

マトリックス

『マトリックス』(The Matrix)は、1999年のアメリカ映画。もしくは、それ以降のシリーズの総称でもあり、この映画を題材にしたアメリカンコミックのこと。1999年9月11日日本公開。
SF作品であるが、カンフーファイトのテイストも含んでいる。ストーリーの各所にメタファーや暗示を置き、哲学や信仰というテーマも表現している。従来のCGにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は「映像革命」として話題となった。

マトリックス – Wikipedia

マトリックス

出典:Kotaku

スポンサーリンク
スポンサーリンク