今年こそ実行したい新年の抱負、目標設定で気をつけたい6個のポイント

一年の計は元旦にあり。新しい年の始まりに「新年の抱負」を決める人は多いと思いますが、せっかく立てた目標を達成できずに、いつの間にか忘れてしまっている。そんなことはありませんか?必ず達成できるような目標設定をするにはどうすればいいのか。いくつかのポイントにまとめました。

日の出

スポンサーリンク

新年の抱負、こんな目標設定は失敗する!

重要ではない目標を設定してはいけない

目標を達成するには「絶対にやり遂げる」という覚悟が必要です。しかし、今の自分には重要ではないこと、現在の生活と目指すべき未来との間にに関係のないことを目標に設定してしまっては、どうしても気持ちが怠けてしまいます。自分にとって何が重要なのか、しっかり見極めましょう。

曖昧な目標を設定してはいけない

目標を曖昧にしてしまっては、「何をするべきか」が見えてきません。また達成できたか、達成できていないのか、という基準もわからなくなってしまいます。

高すぎる目標を設定してはいけない

理想は高い方が良い。夢がなければ頑張り続けることはできない。しかし、理想や夢と目標は違います。今の自分にとって、必ず達成できる目標を設定することが大切です。また、「一日も欠かさず○○する」という目標を決めてしまうと、たった一度やらないだけで達成できなかったことになるので、避けた方が良いでしょう。

必ず実現できる目標設定の方法はこれ!

前向きな気持ちで目標を設定する

前の年に達成できなかったことは忘れましょう。「達成できなかった」という後ろ向きな気持ちは捨て、新しい年を新しい気持ちでスタートしましょう。

とにかく細かく設定する

目標は細かく設定しましょう。どのくらいの期間でどのくらいの数値を達成するのか。一年の目標を設定するよりも、三ヶ月くらいで区切って設定するのも一つの方法です。まずは三ヶ月の目標を決めて、それを達成できたときにまた次の目標を決める、というのもいいでしょう。

書く

設定した目標を形に残す

小学校の頃のように書き初めにして、いつも見えるところに目標を貼り付けたり、実際に書いて形にすることでイメージがよりハッキリします。また、SNSで自分の目標をシェアするのもいいでしょう。

さあ、新しい一年を新しい目標とともにスタートしましょう!

スポンサーリンク