センス良すぎ!電球が壊れている証拠を動画で送れと言われたから作ってみた

動画の投稿主が購入したのはLIFXというスマートフォンで操作ができるWi-Fi搭載のスマート電球。現在はアメリカ国内でのみ製造されているとのことで、アメリカ以外で購入するには輸入するしかないそうです。ところが買ったLIFX電球が壊れていたので、メーカーに問い合わせると「その電球を送ってください」との答えが。「海外からなので送るのは無理」と返信すると「壊れている証拠を動画に撮影して送ってください」と言われ、作った動画が以下の動画。

西部劇の名作『続・夕陽のガンマン(The Good, the Bad and the Ugly)』の音楽に合わせて正常なLIFX電球、一般的な電球、壊れているLIFX電球を点灯して見せています。

この動画を送った結果、新しい電球がちゃんと送られてきたそうです。

このLIFX電球は従来のソケットに挿すだけでWi-Fi経由で操作できるという優れもの。専用のアプリを使えば色や明るさを変えたり、音楽に合わせて点滅させたり、タイマーで指定した時間に点けたり消したりできるそうです。

LIFX

スポンサーリンク
スポンサーリンク