アメリカの日系人が強制収容所から家に帰る物語を描いたショートフィルム、『ただいま。』

第二次世界大戦中、アメリカに住む日系人、日本人移民に対する強制収容所へ収監されました。このショートフィルム、『ただいま。』では戦後、とある日系人の家族が元の家に帰る様子を描いています。

1941年12月8日の真珠湾攻撃の後、日系人は「敵性市民」として監視の目を向けられ、アメリカ国民の間で反日感情は高まり、「JAP」という蔑称で呼ばれるようになります。そして1942年2月19日、フランクリン・D・ルーズベルト大統領が「大統領令9066号」へ署名し、日系人は強制収容所に収監されることになります。

息子役を演じるのは千葉真一さんの息子さんである真剣佑さん。父親役を演じるのは、日本で生まれてアメリカで俳優として活躍する戸田年冶さん。母親役と娘役の女優さんもそれぞれ日系アメリカ人であるとのこと。監督のRobin Takao D’Oenchも同じく日系アメリカ人で、彼のお祖父さんも実際に強制収容所に収監されていたそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク