松本人志がワイドナショーで安保法案に関して持論を展開、「このままでいいわけない」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志氏が2015年7月19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」の中で、衆議院で可決された安全保障関連法案に関して持論を展開した。

日本人が知らない安全保障学

スポンサーリンク

安倍首相も平和を願っている

MCの東野幸治氏が安保法案に関して「いかがですか?」と聞くと、松本人志氏は「そもそも自民党が圧勝した時点で、ここまで来ることは想定できていたこと」とし、「やり方は無茶苦茶だと思う」と回答。その上で「戦争反対とか平和はいいという声は当然いっぱいあるんですけど、安倍さんもそう思ってると思うんですよ。地球上の全員が、動物も含めてそう思っている。戦争で儲かる人以外は。そんなことはわかっている」と語った。

今の日本の状況では「当て逃げされる」

さらに、「車に乗っていて、シートベルトもして、免許証も持っていて、酒も飲んでないし、脇見運転もしてない、法定速度も守ってたって、横から後ろからぶつかってこられることはある。その時に『交通事故やめて』と言われても『俺?』っていう話じゃないですか」と、国防や戦争に関する問題を交通事故に例えた。

「今の日本はそういう状況。当て逃げされますよ、このままだと。だから、やっぱりこのままでいいわけは絶対ない」と続け、「今のがいいとは思わないけど、じゃあ何も変えないでいいのかというと、絶対にそんなわけない」「僕が言いたいのは、『あの車にぶつけたら厄介やぞ』くらいは思わせないと」と、安保法案の必要性を語った。東野幸治氏が「それがつまり抑止力になると?」と聞くと「僕はそう思いますけどね」と答えた。

そして最後に「ただ安倍さんのやり方に賛成だとは言えない」と締めくくった。

スポンサーリンク