飛行機の中でくしゃみをした男が「アフリカから来たんだ」と冗談を言ったら大変なことに

アメリカはフィラデルフィアからドミニカ共和国のプンタ・カナへ向かうUSエアウェイズの飛行機の中、とある男性がくしゃみをして、「アフリカから来た」と冗談を言ったら、着陸後、防護服を来た検査員が入ってきてその男性を連れて行くことに。アフリカへの渡航記録はなかったと後に判明して、乗務員も冗談であることはわかっていたそうですが、エボラ出血熱の感染対策のためにそうせざるを得なかったとのことです。乗客は着陸の2時間後にようやく飛行機から出してもらえたそうです。

1:40あたりから防護服の検査員が入ってきます。男性が連れ出されるのは7:30あたり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク