これぞ心眼?目がなくても「見える」少年、その驚くべき方法とは?

3歳の時にガンで両眼を失ったBen Underwood君。全くの盲目である彼がまるで「見える」かのように普通に生活できているのは「聴覚」によって周囲を感知できるから。舌を打ち鳴らし、その反響を聞くことによって何がどこにあるのかわかるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク