2014年の洋画ランキング、ベスト10とワースト10

2014年に公開された洋画の中で最も評価が高かった映画と最も評価が低かった映画はどれでしょうか。第72回ゴールデン・グローブ賞が発表されましたが、こちらは一般ユーザーの投票により決められたベスト10とワースト10です。

スポンサーリンク

2014年の洋画ランキング、ベスト10

1位 『6才のボクが、大人になるまで。
2位 『ナイトクローラー』
3位 『グランド・ブダペスト・ホテル
4位 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
5位 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
6位 『セッション』
7位 『インターステラー』
8位 『猿の惑星:新世紀
9位 『ゴーン・ガール
10位 『オール・ユー・ニード・イズ・キル

2014年の洋画ランキング、ワースト10

10位 『子連れじゃダメかしら?
9位 『ドライブ・ハード』
8位 『ニューヨーク 冬物語
7位 『Ouija』
6位 『ヴァンパイア・アカデミー
5位 『ミュータント・タートルズ』
4位 『アイ・フランケンシュタイン
3位 『ザ・ヘラクレス
2位 『トランスフォーマー/ロストエイジ
1位 『レフト・ビハインド』

スポンサーリンク